蛻変(ぜいへん)の記 ~変化を常態化する~

「チームビルディング」と出会い、自分のあり方と周りへの伝え方を変えることで、周り人が手伝ってくれるようになる。「チームビルディング」の考え方や日々の気付きについて発信しています。

特徴に引っ張られずにあるがままに見る

==============================
2021年1月18日 蛻変の記282号
今日も自分の中に起こった「?」や「!」を書いていきます。
=============================

「3番って言ってみて」

夕方、休憩がてらお茶を入れに行くと、妻に話しかけられる。
「何かあったの?」
「ええから、言って」
「さんばん」
「何か違う」と言い、娘にも同じように言わせる。
娘の発音が望んでいたもののようで、発音練習していた。

練習が終わってから、何があったのかを尋ねる。
仕事関係の人に、「その発音はおかしいよ」と言われたらしい。
注意を受けた悔しさがあるうちに正しい日本語の発音を覚える取り組みだった。

私の妻は中国人で、日本語を使って仕事をしている。
過去に発音がおかしいことが仕事の評価につながったことがあるらしく、
発音を注意されると標準語の抑揚を練習する。

夫婦二人のときはこの練習は常に手探りだった。
私は関西訛りあるため、標準語のイントネーションが今ひとつわからず
こんな感じじゃないの?とお茶を濁していた。
今は関東圏で育った娘がいるので、標準語の抑揚は娘に教えてもらっている。
「ちゃんとした先生ができてよかったわ」と妻は嬉しそうに語るものの、
表情には悔しさが感じられる。

この手のことがあるたびに、発音を指摘する人は何がしたいんやろうなぁという気分になる。
文書やメールで書いている内容を読み間違えたならまだしも、
正しい内容を伝えているのに何が不満があるのか、私には理解できない。

文章中に「みかん」とあって、口頭でも「りんご」と伝えたならば、
「どっちが正しいの?」と指摘するならまだ分かる。
文章中に「りんご」とあって、口頭でも「りんご」と伝えているため、
受け手にとって得られる情報に何の違いもない。

それをわざわざ発音がおかしいよと指摘する。
揚げ足を取って優越感に浸りたいのか。
もしくは親切心で教えているのだろうか。
後者だとすると、自分でも意識していない偏見がでているのかもしれない。
この無意識での偏見というのは自分でも知らずしらず出るもの。

私も思わず出る偏見というのはある
例えば、欧米系の容姿で名前もカタカナ表記の方で流暢な日本語を話された場合、
「日本語、お上手ですね」と話しかける。
よくよく聞いてみると、日本生まれの日本育ちで、むしろ英語の方が苦手なんてことがある。
これが見た目も名前も日本風な方であれば、「日本語、お上手ですね」とは言わないですよね。

何か特徴的な情報があると、そこにとらわれ、現状を見誤ってしまうもの。
そんなときほど、一つのことにとらわれずに物事をあるがままに見ようとしていたいものです

ぶれない軸が必要なら常に変えるていう軸にする

==============================
2021年1月17日 蛻変の記281号
今日も自分の中に起こった「?」や「!」を書いていきます。
=============================

「大黒柱に車をつけよ」

イオン創業家である岡田家の家訓の一つ。
私の好きな言葉の一つでもあります。

同じところで同じことをしつづけてはいけない。
お客さまや時流の変化に合わせて、自分を変え続けることが肝要。
そのような意味として私は捉えています。

自分の考え方、モノの見方を確固たるものにするのは大事だけれども、
それが硬直化しては意味がない。
考え方のスタンスとしてぶれないものは持っていても、
固執していてはただの頑固な人、融通の効かない人になる。
昔は当たり前だったと過去の常識を今でも押し付ける人になってしまう。

他人であれば、自分が受け入れるかどうかで対応の選択ができる。
自分で決めた自分軸にぶれてはいけないとしがみついているのは悲しいものがある。
ぶれない自分軸を優先して、変化に対応できなければ、時流に置いていかれる。
ぶれない軸が必要なら、自分や時代の変化に合わせて目標を変えていくという軸でいいんじゃないかなと思う今日このごろ。

相手ファーストで伝え方を組み立てる

==============================
2021年1月16日 蛻変の記280号
今日も自分の中に起こった「?」や「!」を書いていきます。
=============================

自分の中で興味関心が高まっているテーマが
「仕事相手に誤解されることなく、自分の考えていることを伝える」には
どうすればいいか、ということです。

私にとって、「わかりやすくて、動きやすい」メールを書いてくれる人に相談する機会を得ました。
単刀直入に質問する。
「メールを書くときに気をつけていることって何ですか?」

悩むことなく、即答でこう言われました。
「部署ごとに言葉を使い分けてる。気をつけているのはそれぐらい」
今、お仕事している会社は長い歴史がある。
そのせいか、人の入れ替わりはあるものの、仕事の進め方や使う言葉のクセなど部署ごとにカラーがある。
そこの部署の人たちが理解しやすい言葉や言い回しにして伝えているとのこと。

「そこまでしてるんですか?」と聞くと、
「それで聞き直しのやりとりが減って、相手がすんなり動いてくれたら良いですよね」と
当たり前でしょ、という感じで返される。

自分との当たり前のレベルの違いに驚く。
何より、相手に動いてもらうために自分が取る行動のレベルがぜんぜん違うんですよね。
相手に伝えたいことがしっかりと固められているのは当然として、
それが、相手が受け取りやすいか、行動に移してもらえるかという
相手目線で伝え方を考えている。

ビジネスのコミュニーケーションにおいて、最も大事なのは「相手に動いてもらうこと」。
こちらが伝えたとおりに相手に動いてもらって初めてコミュニーケーションが成功したと言える。
三者として私がやり取りをみて、わかりにくいメールの書き方であっても、
一番の読み手が理解して動いてくれれば、それで良い。
コミュニーケーションの正解は自分の中ではなく、相手が持っている。
自分がどれだけ「こんなわかりやすい文章ないわ」と思っていても、
相手が理解できなければ無価値。
答えは相手の中にしかないんですよね。

今回、私が質問した人は、相手にどうすれば受け取ってもらえるかについてアンテナを立てている。
ここの部署はこんな言葉を使うとか、こんなふうに仕事を進めるとよいとかを普段から観察しているんですよね。
見て感じたことで「こんな書き方どうかな」と仮説を立てて、トライアンドエラーを繰り返す。
相手に動いてもらうために、自分のできることをする。
一言で書いてしまうとそれだけなのですが、
誰でもできそうなことを本当にやっているかどうかで差がつくもの。

最後にいただいた言葉は
「本当は一人ひとりに合わせて変えたいんだけどね。そこまではまだまだできてない」というもの。
見据えているものが高いからこそ、改善サイクルが回るとも言える

アウトプットの源泉の一つは安心感

==============================
2021年1月15日 蛻変の記279号
今日も自分の中に起こった「?」や「!」を書いていきます。
=============================

今日は所属するオンラインサロンのイベントに参加してきました。
育児の悩みや経験をざっくばらんに話すと言うものでした。
その中の1つのテーマで上がったのが外国語教育です。。

うちの娘は日本人と中国人のハーフ。
赤ちゃんの頃から日本語と中国語に触れて育ったため、
我が家の経験談としてどのように中国語を教えたのか、と言うお話をしました。

娘が生まれた頃は妻の母に日本に来てもらい育児のお手伝いをしてもらっていました。
坐月子という産後1ヶ月の間、母体を休ませて、赤ちゃんにおっぱいをあげる以外何もせず
静養するという習慣のサポートのためです。
日中、赤ちゃんの世話をするのがお義母さん。
義母は中国語しかしゃべれないため日本にいながら中国語のみという環境でした。
テレビでDVDを流しっぱなしにしたり、
絵本の読み聞かせなどは日本語で私が行ったりしていましたが、
生後6ヶ月くらいまでは触れ合う言葉の比率としては7対3で中国語が多い。

その後、保育園が見つからない関係もあり、
1歳半から2歳半まで中国の妻の実家に預けていました。
1年間の短期留学の成果で中国語はネイティブレベルに。
話はじめの環境が中国なので、当たり前かもしれませんね
母国語というが母の国の言葉という意味かなとも思った瞬間でもありました。

保育園が見つかり、娘が帰国したときには日本語は聞いて分かるレベル。
DVDでアンパンマンやしまじろうなどを見せてくれていたので、耳は馴染んでいたようです。
それから早6年、中国語は家で少し使うくらいで、ほとんど使わない環境になりました。

中国語レベルは落ちてはいますが今でも話すのは自信満々で話しています。
娘の自信を支えているのが義母の存在。
1,2週間に一度くらいお義母さんとコミュニケーションを取るのですが、
中国語の発音や語順で訂正される事は全くない。聞き直すことすらないんですよね。
伝えようとしている雰囲気をつかみ取って娘に返す。
娘は娘で自分の好きなように自分の思ったことを言葉して話す。
その繰り返し。
端から見ればお互いが言ってる事は噛み合っていないのですがとても楽しそうに話しています

お互いに受け取るだけ、肯定しかない環境なんですよね
俺は妻や私が教える場合、発音や語順をとかく訂正しがち。
ほめたとしても、そのあとに直されるので思い切って話せていない。

祖母と孫のやり取りを見ていると、コミニケーションについて考えさせられるんですよね
相手がハッピーになるように自分が伝える、ということがコミュニーケーションでは大切だと私は思っています。
正しい言葉遣いで正確に伝えると言うのは大事ですけど、相手の気分を害してしまっては意味がないんですよね。
正しいかどうかは関係なく当事者同士が楽しく会話を楽しんでいることでコミニケーションとしては十分成立している。
楽しいからこそ、どんどん話そうともするし、相手のアウトプットに触れる機会も増える。
インプットとアウトプットの総量が増えるんですよね。
正しいのかなと迷ったり躊躇したりすることなく思い切って行動する。
それもチャレンジできる環境があってこそなんですよね

何度も注意を受ける人と一度の注意を生かす人の違い

==============================
2021年1月14日 蛻変の記278号
今日も自分の中に起こった「?」や「!」を書いていきます。
=============================

職場に2つのタイプの人がいます。
1つは同じ注意を何度も受ける人。
もう1つは一度の注意を生かして自分に取り込める人。

何度も同じ注意を受けていても、本人は何かしら取り組んでいるのかもしれないが、
周りからは全くそのように受け取られない。
一方で一度注意を受けたら即改善しようとしたり、他の人への指摘事項でも自分に取り込もうとしたり、
する人がいる。

この違いはどこにあるのか。
ふと思い当たったのが「振り返り」の差。
何度も同じ注意を受ける人はその場をしのぐことに意識が向いているように思う。
嵐が過ぎ去れば、元通り。
後片付けくらいはするが、次の嵐に備えるようなことはしない。
また、嵐が来たときには耐えるのみ。

注意を生かせる人は、事実として何を指摘されたのか。
そして次に自分はどうすればいいのか、次どうしていくのかを自分の中で振り返っているように思う。
考えるだけでなく次のステップを行動に移すまでをセットにしている。

このタイプの人は自分の目の前で人が指摘をうけた場合、
その内容も自分に取り組んでいく。
「なぜ、指摘を受けたのか」、「自分ならどうするか」という思考習慣が身についているように思うんですよね。
台風の被害を受けたら、対策を取るだけでなく、
他所の地域での台風被害の情報を得たら、自分の備えを確認する。

自分の経験だけでなく、第三者の状況をも取り込んでいくため成長が早い。
やっていることは振り返りをしたことを行動に移すだけ。
特別な才能がいるわけでもなく、やるかやらないかの差なんですよね。

指摘されたことを放置せず、言語化して行動に移す。
指摘した人が行動に移そうとしていることに気づく。
好印象をもったり、さらにアドバイスをくれたりする。
人間関係が良くなるだけでなく、自分の行動の質も変化するように思います。

「気づいたことを即行動へ」という姿勢は身につけたいものです

無邪気に時間を奪う人のコミュニーケーション

==============================
2021年1月13日 蛻変の記277号
今日も自分の中に起こった「?」や「!」を書いていきます。
=============================

「もらった資料だと今回の目的に合わないので、他に資料ないですか?」

今日の仕事の一コマ。
「資料作成の参考にするので、〇〇の資料をもらえないですか?
 ありものでも構わないですよ」
と言われ資料を送ったところ、返ってきたのが冒頭のセリフ。

何がほしいかをはじめに言えよって話なんですよね。
ウールのセーター下さいと言われてセーターを渡したら、
ほしいのは毛糸玉ですって言われているような感じ。

最初に、何に使うんですか?とか目的はなんですか?って確認せずに
言われたものをそのまま渡している方も悪いといえば悪い。
あなたの欲しいものは違うんじゃないですか?って聞いておけば
二度手間をかけられることはなかったですからね。

「ハッキリと伝えたのに、誤解しているようなので訂正しますけど、
 本当はこうですからね」
今回の件は私にとってはこういうふうに言われているように感じました。
自分が過敏になっているだけかもしれないですが、
自分が伝えたら、相手が動くのは当たり前と思っているんだろうなと思いましたね。
相手がどうこうは関係なく、仕事なのだから協力するのは当然のような感じ。

自分も他人のことは偉そうに言えないですが、今日のような体験があると、
相手に動いてもらうために自分はどのように伝えているのか」を振り返るよい機会になる。
自分の価値観の中ではお願いをするのは相手の労力、時間を使ってもらうこと。
そんな相手に対して、誤解してますよと伝えて、作業のやり直しを依頼するのは極力避けたい。
自分が狭量だからかもしれないですが、誤解するような伝え方をしてくる人の頼みは二度と聞かない。
もしくは動く前に質問攻めにする。

自分が放った言葉は相手に渡った時点で相手のもの
本来の意図など関係なく、受け手の理解がすべて正しい、と私は思っています。
誤解してますよと指摘する必要がないように、相手にきちんと受け取ってもられるようにしたいものです

具体性の強いイメージが自分の行動を引き寄せる

==============================
2021年1月12日 蛻変の記276号
今日も自分の中に起こった「?」や「!」を書いていきます。
=============================

自分が子どもの頃、母親に説教されたことに近い状況が起こると、
自分の感情をコントロールできない、そんな話を昨日書きました。
今日もその続き。

よくキレる私に対してアドバイスをくれる妻も気は短い方で、
夫婦揃って、短気でイライラしやすい。
その性格を夫婦で直していこうと、強く思えるようになったのはご近所さんの存在です。

ご近所さんは夫婦どちらも温厚なんですよね。
お会いして話をしていると、ゆったりした話し方にこちらまで落ち着いてくる。
流れている時間が違うように感じます。
ご夫婦ともそんな感じなのですが、お子さんもゆったりしている。
ちょっとしたことでイラつきがちな我が家とは違い、
うまく行かないことがあっても穏やかに大人に伝えてくれます。

家庭内が落ち着いているからこそ、子どもの精神面も落ち着いてくる。
その見本となる姿を目の当たりにする。
おおらかに育ったお子さんに接するご夫婦のあり方を自分の目で見て、身体知化される。
これが非常に大きかったんですよね。

これまでは「穏やかな夫婦になろう」と言ってはいても、具体的なイメージが持てていなかった。
目標はあれども実態がつかめていない中で模索していたんですよね。
自動車を目標としているのに、イメージがつかないため馬車を早く動かそうとしていたようなもの。

ご近所さんのおかげで「穏やか夫婦」が使われる話し方や口調、接し方の理想イメージの実体化ができ、
夫婦間で共通の認識が持てる。
自動車とはこういうもので、こうやって動くんだというのが分かったようなもの。
分かったからと言ってできるわけではないけれど、
実態があるイメージがあると、「こうすればいい」と思えるため、行動に余裕がでる。

このイメージのサンプルをいくつも持てると、目標への到達が楽になるだろうなとも感じる。
サンプルが一つしかないと、目標へのルートが一本道になってしまう。
2つあれば違う道を行くという選択ができたり、かけ合わせたりできたりする。

育児でもそうだったなと、改めて思う。
妻が母乳が出なくて悩んでいた時期があった。
自分自身がミルクのみで育った上に9つ年の離れた姉がミルクをあげていたらしいので、
それでもちゃんと育つ。
夜泣きの対応はミルクのがお互い楽だよねと伝えられていた。
離乳食を食べないときも、身近にうどん、ヨーグルト、のりしか食べない家庭を知っていたので、
それでも子は育つと心の底から思えたんですよね。

かく有りたいと思うとき、自分が実感できるくらいの強いイメージを持つ。
そのイメージが強いほど、自分の行動を目標に寄せていく。
だからこそ、目標とそのゴールイメージはセットで考えていきたいものです